読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Laravel 5.4: 環境設定

DotEnvライブラリ

設定ファイル

  • .env: 各環境で使う設定ファイル
    • git管理対象外
  • .env.example: サンプルファイル
    • git管理対象
$ diff .env.example .env
2c2
< APP_KEY=
---
> APP_KEY=base64key...

設定の適用

  • 設定ファイルの記述
    • .env
DB_DATABASE=homestead
  • 設定の適用
    • .envから値が取れないとき第二引数の値が入る
env('DB_DATABASE', 'foo')
  • 設定の更新
    • storage/framework/config.phpが更新
$ php artisan config:cache

環境名の取得

use App;
$environment = App::environment(); // get "local"
if (App::environment('local'))
{
    // The environment is local
}
 
if (App::environment('local', 'staging'))
{
    // The environment is either local OR staging...
}

TODO

  • 各環境名の設定方法
  • 実際に各環境を立てる

参照

【Laravel5】実行環境と設定ファイルの関係 - Bloq4Developer