読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Laravel homesteadを使ってLaravel 5のローカル開発環境を構築

Index

What?

Why?

  • Laravel は、PHPのくせにNode.js諸々が必要だったりして、かなり環境構築が面倒
    • Vargrantを使って一気に環境を作れると便利!
    • Laravel環境に必要なものをhomesteadという名前のVagrantboxとしてまとめたぜ!

How to?

Step1: 事前準備

  • Vagrant と homesteadの初期化をしておく

  • ローカル開発環境(つまりはお手元のmac)で

    • Vagrant をインストール(時間かかる)
    • VagrantのHomestead boxをダウンロードしておく(時間かかる)
      • vagrant box add laravel/homestead
    • Homestead をcloneして、初期化(一瞬)
      • git clone https://github.com/laravel/homestead.git homestead
      • cd homestead; sh init.sh
        • ~/.homesteadディレクトリの中に設定ファイルがコピーされる

Step2: 設定

  • Homesteadの設定をする
    • ~/.homestead/Homestead.yaml を編集する
      • sites.map 以外はディフォルト
ip: "192.168.10.10" # VMのIPになる
memory: 2048
cpus: 1
provider: virtualbox

authorize: ~/.ssh/id_rsa.pub

keys:
    - ~/.ssh/id_rsa

folders:
    - map: ~/Develop/Trial/tryLaravel # ローカルでLaravelをインストールするorされているディレクトリ
      to: /home/vagrant/Code # VM内のディレクトリ

sites: # Nginxの設定
    - map: homestead.app # ドメイン設定、Hosts設定とつながる
      to: /home/vagrant/Code/Laravel/public # Laravelのpublicディレクトリの場所

databases:
    - homestead
  • ホストPCでHostsを追記(homestead.appドメインでアクセスするため
    • 再起動はいらないよー
192.168.10.10 homestead.app

Step3: VM立ち上げ

$ mkdir -p ~/Develop/Trial/tryLaravel
  • VMを立ち上げる
    • bootするのに数分かかる
$ cd ~/homestead/
$ vagrant up
  • 確認

Step4: Laravelインストール

  • ホストPCからゲストPCにsshログイン
$ vagrant ssh
  • ゲストPCで、Laravelインストール
$ cd ~/Code
$ composer create-project laravel/laravel --prefer-dist laravel

参考

Laravel homesteadを利用したLaravel 5 ローカル開発環境の構築 | hrendoh's memo

Laravel Homesteadを使ってみよう! - Qiita

Homestead.yamlの編集 | WinRoadのLaravel4初心者講座